飲むお酢&油で体調管理|ペニスの勃起力向上と新型栄養失調予防のために

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
飲むお酢&油で体調管理|ペニスの勃起力向上と新型栄養失調予防のために

健康に良いとされている飲むお酢、飲む油は、血液の流れを改善したり、代謝を改善したりしてくれます。

そのため、結果的に血液の流れも改善され、精力増強やスタミナ改善にも効果が期待できます。

黒酢やりんご酢、もろみ酢などと合わせて亜麻仁油、えごま油なども補給して精力アップを目指しましょう。

黒酢習慣を始めてみて

大きく分けると醸造酢は、穀物酢と果実酢に分けられます。穀物酢が米酢、米黒酢などに分類されて、熟成が進むにつれてお酢は色が黒くなっていきます。

特に黒酢は熟成が進んだお酢ということで、酢酸発酵によって生み出された副産物、原料由来の成分が熟成されて、旨味や独特な風味が生まれてきます。

基本的にお米、麦を使用し、玄米を用いるものもあります。この黒酢は普通のお酢に比べると熟成のために、温度管理と衛生管理、時間をかけているため値段が高くなってしまいます。

その分、体の不調を整えたり、新型栄養失調を避けたり、生活習慣病を改善したりするのを助けてくれます。

特に体の中では強めのアルカリ性であるアンモニアやその関連物質があり、お酢を飲んで体の中を少しでも酸性にすると程よく中和されて、老廃物が体外に排泄されるようになります。

それによって、血液サラサラ作用を助けてくれるため、血液の浄化、疲労回復なども間接的にサポートしてくれます。

黒酢の飲み方と注意点

黒酢は市販のパック黒酢をストローで吸って飲むのも良いのですが、それではコスパが悪いので、原液を購入して4倍から5倍程度に希釈して飲むと良いでしょう。

原液の黒酢は、ただ飲む以外にも料理にも濃度を変えて使えるため、パック詰めの黒酢よりも摂取する機会が多くなります。

黒酢に限らず、どんなお酢も濃度が濃すぎると胃腸に負荷がかかりすぎて逆に体に良くないので、濃度を濃くして飲むのは避けましょう。

少量を舐めるだけでも、体の中の一部分に濃度の濃い酢酸が触れるのはその粘膜部分が弱ってしまうので、お酢の原液は希釈して飲むようにしましょう。

希釈せずに飲むと気持ち悪くなって吐いてしまうこともあるため、それぞれにほどよい濃度まで薄めて飲んでください。

美容にも良いもろみ酢もおすすめ

もろみ酢は主に女性にとって、お肌に良いということで飲まれるお酢なのですが、沖縄のお酒・泡盛から作り出される沖縄の名産品のようなものでもあります。

もろみ酢はその酸味が程よく、料理にも使いやすいですが、飲むお酢としても程よい味わいです。

男性がこのもろみ酢を飲むと、もちろん血管の回復力アップサポートや美肌サポートなども期待できますが、精力増強もある程度期待できます

摂取量は黒酢とほぼ変わらないため、原液を購入すると、4倍から5倍に薄めて長い間飲み続けることができます。

もろみ酢も、黒酢と同じく1日に30mlも飲むと十分で、朝昼晩、しっかり飲みたい場合は、15倍ほどに薄めたお酢を飲むようにするなどして、飲む量を増やしても良いでしょう。

5倍に薄めて1日30mlほどが目安なので、50倍に薄めた場合は300mlは飲んでも問題ないという計算になります。

ただし、薄めすぎると味がしない少し酸味のある不思議な水っぽい何かになるので、濃度はそれぞれの好みに合わせましょう。

お酢で代謝アップと精力増強

お酢を飲んですぐさま効果が出るわけではないのですが、長い期間継続するときっと何かしらの変化が出てきて、代謝も良くなるはずです。

最初は消化不良がなくなったり、お通じが良くなったり、冷え性が改善されたりするくらいなのですが、そうした未病、小さな体の不調がなくなってくると、体の他の部位も良い影響を受けて改善されていきます。

代謝向上に伴って、精力が増強された体内環境になると、それだけ精力剤やトレーニング、オナニーによるトレーニングなども効果がより現れるようになるでしょう。

勃起力も持続時間が伸びて、硬さも増してくれる可能性があるため、勃起できるからと努力しないのではなく、更に上を目指して、精力維持や精力増強を目指しましょう。

飲む油でもっと血行促進を目指す

亜麻仁油やえごま油がおすすめ

体に良い飲める油として有名なのは、亜麻仁油、えごま油です。日頃食用油として使用するには高級過ぎてしまいますが、料理に使ってもよいので、できたら飲む油として使用したほうが美容や血行促進などに働きかけてくれるでしょう。

200mlで2000円するようなかなり高価な油ですが、その分、油そのものが酸化されづらく、体に良いとされる油を使用できるので、体調管理にも役立ちます。

血行促進でペニスも元気にできる

黒酢も亜麻仁油も、結局は体調を整えて、血液の巡りを改善して、冷え性や美容、疲労回復などの効果が出てきてくれるものです。

アンチエイジングやお肌と内臓の調子を整えるにも役立つので、工夫によって勃起力も改善され、硬さも改善されるはずです。

ペニス増大まで働きかけてくれるかどうかは個人差がありますが、血行促進に伴ってペニスの勃起力が上がるのは間違いありません。

もろみ酢や亜麻仁油をパートナーや妻が試してみたいと言った場合は、男性も一緒に飲むことで精力増強や精力維持が実現できるはずです。

精力増強も夫婦でやると効率的

飲むお酢や油は夫婦で一緒に使うことによって、精力剤のように新たに家計の負担になる出費を増やさなくても、夫婦一緒に買って使って、女性は美容、男性は精力向上に役立ちます。

男女ともにスタミナアップや血行促進など健康に良い作用が期待できるため、マイナスになることはありません。

セックスレスではない場合、夫婦で一緒に食事を改善して、その変化をパートナーにもチェックしてもらうと効果がわかりやすいでしょう。

アラサー・アラフォーの精力減退に負けないために

体力低下とストレス増大に負けないで

加齢とともに体力やスタミナは減っていきますが、次第に社会的な責任ややらないといけないことの大きさは増していきます。

また、ホルモンバランスの変化で20代の男性ほどは性欲が湧かなくなってきてしまい、残念ながら精力減退する条件が整ってしまいます。

体力が減ってしまった場合は、食事をしっかりとって体力とスタミナを底上げするしかありません。

また、仕事上のストレスが大きくなると、そのストレスのせいで心因性EDになってしまう可能性もあります。

精神的な疲れや心の疲労から勃起力が衰えている場合は、そのストレスを減らして、セックスやオナニーにも十分な余裕がある状態にしないといけません。

ストレス軽減もまずは食事から、余裕が持てる状態を作らないといけないため、お酢でも油でもしっかりと活用するようにしましょう。

加齢とともに精力は落ちてしまう

男女ともに年齢を重ねると筋肉量も落ちてきて、体力も落ちてきてしまいます。

男性は射精量が減って、勃起力が落ち、女性は愛液の量が減ったり、セックスですぐに疲れてしまったりします。

男女ともに精力が低下すると、低下した分は食事や筋トレなどで体力を鍛え直さないと精力はどんどん落ちていってしまいます。

気合いでなんとかなるものではないので、出来るだけ早く対策を取るしかありません。

年齢に伴う体力低下、ストレスの増加、精力減退など複数の要因がある場合が多いため、精力が落ちている時は、すべての基本である健康管理、食生活の改善が最も効果があります。

精力剤の使用や海綿体注射などを考える前に、食事と運動、セックス習慣の改善が一番に取るべき対策です。

特に近年は気づかないうちに新型栄養失調になっていて体の各部位に症状が出ていることもあります。精力減退などをきっかけにして、早めに崩れた生活や体調を整えるようにしましょう。

新型栄養失調とペニス勃起力は関係ある?

ペニスの勃起力が衰えたり、弱くなったりするのは、体の栄養不足や老廃物代謝の低下などが総合的に関係しています。

現代人に多いのが新型栄養失調と言われるもので、健康に見えてもビタミンやミネラルが不足していて、筋力量が低下して、ものをちゃんと持っていられなくなったり、ふとした瞬間にふらついたりすることもあります。

新型栄養失調はギリギリの段階で食事を取っているとなんとかなってしまう時期が長いので、気づかないまま致命的になるような症状が出るまで悪化してようやく気づくこともあります。

ペニスの勃起力の低下の原因になっていることも多いため、食事をしっかり選ぶことでその栄養失調を防ぐことができるようになります。

アラサー、アラフォーで仕事が忙しい人は、この新型栄養失調で勃起力が衰えているだけだという場合もあるため、まずは食事から改善しましょう。

食生活を改善せずに、いきなりトレーニングをすると体全身に追い打ちをかけることになるため、栄養を取れていない期間が長かったと感じる方は、一番最初に食事、食生活を改善してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!