【ペニスの勃起力アップ効果/改善したい人向け】詳細方法を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペニスの勃起力は年齢とともに衰えていきます。若い頃は硬く反り返っていたペニスが、今では思うように勃起しない・・・

そういう中高年の方も多いのではないでしょうか。

もしあなたが、昔のような勃起力を取り戻したいと願っているなら、この記事を最後まで読んでください。

それによって、きっと解決法が見つかるはずです。

衰えた筋肉も鍛えると元に戻るように、衰えた勃起力も正しい方法を実践すれことによって、復活させることは十分に可能です。

勃起力低下の原因

勃起力アップの前に、なぜ勃起力が低下するのか知っておきましょう。

これがわかると、勃起力をアップするにはどのようにしたら良いのかがわかります。

しかし、勃起力低下の原因は1つとは限らないので、わかりにくいのが実情です。

それでも、勃起力が低下する原因は3つあることがわかっています。

  • 加齢による精力減退
  • 血流の悪化
  • ストレス

この3つが作用して、勃起力低下が起こります。

加齢による精力減退

これは、男性ホルモンの中のテストステロンが減少することによって起こります。

テストステロンは20代をピークに減少していきます。

減少スピードはドンドン加速していってしまうため、何も手を打たないとテストステロンの分泌量は、減少の一途をたどります。

テストステロンは男性らしさを作る源なので、これが不足すると男性機能も衰えます。

このため勃起力が低下するのです。

血流の悪化

血流が悪化すると勃起力に影響します。

ペニスが勃起するには、大量の血液がペニスの海綿体に流れ込む必要がありますが、血流が悪化するとペニスに血液が集まりづらくなります

そのため、勃起力低下を招いてしまうのです。

血流の悪化は勃起力低下だけでなく、さまざまな病気を引き起こす原因となります。

そのため、血流を改善することは勃起力アップになると同時に、体の他の部分の不具合も同時に改善することになります。

ストレス

ストレスは、自律神経失調症を引き起こすなど、精神面で不具合を起こします。

自律神経には交感神経と副交感神経があります。

交感神経は興奮時や昼間の活動時に活発になり、副交感神経は夕方以降のリラックス時に活発になる神経です。

勃起力と深い関係があるのは、副交感神経です。

ストレスにより、副交感神経が乱れると勃起力が低下します。

この点をもう少し詳しく説明しましょう。

自律神経を司る器官のそばに、ホルモンバランスを調整する器官があります。

ストレスで自律神経が乱れると、そばにあるホルモンバランスを調整する器官も引きずられて乱れるために、ホルモンの一種であるテストステロンの分泌が不安定になってしまいます。

その結果として勃起力が低下してしまうのです。

勃起力アップ方法1【筋トレ&チントレ】

運動するとテストステロンの分泌量がアップします。

ジョギングなどの軽い運動でも、しっかりと続けているとテストステロンの分泌量を増加させることができるようになります。

しかし、もっと効果があるのは下半身の筋トレです。

それも、PC筋という特殊な筋肉を鍛えることで、勃起力をアップさせることが可能になります。

PC筋は普段意識することはありませんが、オシッコ中にオシッコを止めるときに使う筋肉といえばわかると思います。

PC筋は睾丸と肛門の間にあります。

このPC筋を鍛えるには、スクワットが適しています。

スクワットはPC筋を鍛えるだけでなく、下半身の筋肉を鍛えるので下半身の血流をアップさせることになり、これが勃起力アップにつながります。

PC筋を鍛える方法はもうひとつあります。

こちらは非常に簡単で、5秒間肛門を締めて5秒間肛門を緩めるだけでいいのです。

締めて緩めるのを1回として10回ほど、朝昼晩と寝る前に行うだけで効果があります。

勃起力アップ方法2【食生活を見直す】

暴飲暴食が体に悪いのは言うまでもありません。

普通に食事をしていても、肉が中心の欧米型の食生活では体によくありません。

特に脂の摂り過ぎはコレステロール値を上げることになり、血管の内壁を狭めて血流を悪くしてしまうため、勃起力も低下してしまいます。

この状態を改善するには、和食を中心とした食事に変えるのが効果的です。

また、勃起力アップに欠かせない亜鉛を豊富に含んだ牡蠣や、シトルリンを豊富に含むスイカやメロン、アルギニンを多く含むマカやウナギなどを摂取するのもいいでしょう。

勃起力アップ方法3【ストレスを溜めない】

現代はストレス社会といわれています。

ストレスを溜め込むと心因性の勃起力不全を引き起こす可能性があります。

20代の若い男性でも、ストレスのために勃起力が低下する例も少なくありません。

勃起力アップ方法4【禁煙】

勃起力を低下させる原因のひとつにタバコがあります。

タバコに含まれるニコチンには、血管を収縮させる作用があります。

血管が収縮すると、ペニスに流れ込む血流量が減るために、勃起力も衰えます。

また、ニコチンは酸素の血中濃度を減少させ、体に有害な活性酸素を発生させる原因になります。

ちなみに、活性酸素は細胞を老化させることがわかっているので、タバコを吸うと肉体が老化するため、これだけでも勃起力に悪影響があることがわかります。

また、ニコチンにより血管が収縮すると、動脈硬化も引き起こします。

まさに、「タバコは百害あって一利なし」なのです。

勃起力アップ方法5【睾丸マッサージ】

タイ古式マッサージの中に睾丸マッサージがあります。

タイではジャップカサイと呼ばれており、古くからあるマッサージです。

睾丸マッサージはペニスの血流量を増やすので、勃起力をアップする効果があります。

睾丸マッサージは、自分で痛くない程度に睾丸をギュッと握りしめてもある程度効果があります。

本格的に睾丸マッサージを受けたいときは、TTMAが公認している、タイ古式マッサージ店に行ってみましょう。

睾丸マッサージは風俗店でも行っている店がありますが、風俗店では意味がないのは言うまでもありません。

勃起力アップ方法6【十分な睡眠を取る】

健康のためには睡眠が欠かせません。

もちろん、勃起力アップのためにも睡眠は重要です。

睡眠は、十分な時間を取ることも大切ですが、睡眠の質も考慮する必要があります。

睡眠の質とは、わかりやすく言えばグッスリ寝ることです。

睡眠が浅いと、十分な時間寝ていても疲れも取れないし起きてもボーッとなってしまいます。

成長ホルモンは睡眠中に生成されるため、しっかり睡眠を取ることが大切です。

成長ホルモンの分泌が少ないと、男性ホルモンの分泌にも影響するので勃起力とも重要な関わりがあります。

質のいい睡眠を取るには、まず生活習慣を正しくする必要があります。

十分な睡眠時間を取っていても、夜更かしをしたり不規則な生活をしていると、質のいい睡眠は取れません。

勃起力アップ方法7【精力サプリを飲む】

確実に精力や勃起力をアップさせる方法として、精力サプリを飲む方法があります。

精力サプリは文字通り、精力と勃起力をアップさせることを、目的として作られたサプリメントです。

精力サプリにはL-シトルリン、L-アルギニンなどの成分が含まれています。

この2つは血管内で一酸化窒素を生成して、血管を拡張する働きがあります。

血管が拡張するとペニスに流れ込む血流量が増えて、勃起力がアップするのはこれまで述べてきたとおりです。

まとめ

勃起力をアップさせるには、筋トレやチントレのほか、食生活を見直し十分な睡眠を取り、禁煙する事が大切です。

また、ストレスを溜め込むと心因性の勃起不全になるおそれがあるので注意が必要です。

勃起力アップにはタイ古式睾丸マッサージも効果があります。

ペニス増大サプリ/精力強壮剤 人気ランキング2019

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!