体内の血液量を増やす意味と重要性|ペニスの勃起持続力を高める方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
体内の血液量を増やす意味と重要性|ペニスの勃起持続力を高める方法

ペニスの勃起力には、ペニスの海綿体と呼ばれる血管の集合体への血液の流れ方が大きく影響しています。

ペニスに流れ込む血液量、全身の血管と血液を良い状態を保つことで、それだけで勃起力が回復する可能性があります。

神経伝達や栄養補給なども必要な場合がありますが、血液の状態で勃起力を改善することも可能です。

血液量が増えると勃起力も上がるはず!

ペニスに流れ込む血液が大切

海綿体とは、男性のペニス、女性のクリトリスを形作っているもので、血液がたくさん流れ込めるような構造になっています。

海綿体そのものが血管の集まったようなスポンジ状の構造をしているため、そこに血液が十分に流れるようになると、ペニスの勃起力も回復するのは当然です。

しかし、勃起不全気味の多くの人に共通することとして、食事を疎かにして不摂生な生活をしているという点が挙げられます。

一般的に、血液の流れが悪くなっている人ほど、勃起力、勃起の持続力、またペニス勃起時の硬さも低下してしまいます。

血液がしっかり流れ込むようになることによって、ペニスの勃起力は維持されるため、血液を増やしたり、血液がペニスにもきちんと流れ込めるようにする必要があります。

血管と血液を正常にする工夫

体重60kgの人間の体内には、約5Lほどの血液が流れているとされています。

そして、代謝などで血液は常に新しくなり、古いものは処理されて排泄されるなどによって、正常な状態を保てるようにコントロールされています。

この血液は食事から得た栄養も、体の各部の細胞から出た物質も老廃物も、酸素も二酸化炭素も運搬するという重要な役目を担っています。

そのため、ストレスの多い生活、脂っこく、血液が運搬するのに余計なエネルギーや負荷がかかる物が多い食生活をしていたり、常に体温が下がるような気温の低い場所での長時間の仕事をしていたりすると、血流は悪くなります。

血液がしっかりと流れていないと、老廃物や壊れた赤血球や白血球などが毛細血管に蓄積して血栓になってしまうこともあります。

それらの血栓が大きくなって血管が破裂して、これが脳などに影響するとくも膜下出血などを招きます。

血栓ができてもほとんどの場合、安全に取り除けるようになってはいるのですが、疲労が重なりすぎ、ストレスが大きすぎて、正常な血液を維持できないでいると血流はその程度に応じて悪くなります

血流が悪くなるとそれが代謝されて回復するまでは血流が悪いままで、時には冷え性や消化不良、めまいや貧血などを招いてしまい、勃起不全という症状として出てくることもあります。

体を末端を温めてほぐす

大前提としては、食生活と日頃の規則正しい生活を取り戻すことです。

それ以外にも湯船に使って体の末端など、血液が停滞しやすい場所を徒手のセルフマッサージなどでほぐして、血液の流れを復活させるようにすると良いでしょう。

ペニスとは関係ないように思える指先、足先もしっかりほぐして、体の各部の停滞している血液を巡らせることで、少しづつでも血液量を増やすようにしましょう。

体内で活動してくれる血液の総量が100mlでも200mlでも増えることで、その分の血液がペニスに流れ込み、より勃起できるような状態が作られます

肝臓と腎臓の底力を取り戻す

ペニスの勃起力は、単純に精力剤やアミノ酸サプリを飲んだらよいというわけではありません。

一時的に薬で体内の一酸化窒素を増やしたところで、薬をやめた瞬間に血流は悪くなって、勃起力も弱くなってしまいます。

血液をきれいにし、新しく巡るための血液を作っている重要な臓器は肝臓、腎臓です。

血液の中にある老廃物を解毒して、濾し取って尿として排泄するなど、血液どろどろの大元の要因となるものを排除するのに欠かせない臓器です。

現代人の食生活とストレスは、肝臓と腎臓を酷使しがちであるため、日頃の生活を維持し、生命維持するだけで肝臓と腎臓が手一杯になってしまう場合もあります。

そうなってしまうと、勃起させるための血液を巡らせる余裕すらなくなってしまいます。

持続力アップにはペニスの掃除も大切

ペニスの勃起力、及び、勃起持続力を高めるには、ペニスの中、海綿体やペニスの勃起に関わるホルモン分泌物質を運ぶ、リンパ管などの働きが正常である必要があります。

老廃物過剰やコリなどで巡りが悪くなっていると当然血液もホルモンも、場合によっては神経伝達も悪くなるため、性的刺激があっても十分に興奮できず、勃起したとしても、勃起が長続きせずにすぐに萎えてしまいます。

ペニスの掃除というのは、ペニスの海綿体内部で蓄積している可能性がある老廃物をしっかり流して、巡りを良くするということです。

もちろん、チンカスと呼ばれる恥垢を取り除いておくのも大切なのですが、血管内部、リンパ管内部の活動が正常になるように、ペニス本体、ペニスの根本を温めながら、しっかりとほぐすと良いでしょう。

蟻渡りの根本あたりから、下っ腹周辺、股関節周りもしっかりと温かくした状態でマッサージし、血流を改善することによって勃起力が多少は復活するはずです。

人によっては尿の回数が多くなったり、股間周りの詰まりが取れたような感じがしたりすることもあるのですが、どちらにしても蓄積していた老廃物がなくなることで体はスッキリして、正常な代謝、正常な反応ができるようになるはずです。

和食中心にすると改善が早い

コンビニ弁当やカップ麺、菓子パンは決して悪いものではないのですが、それらの食事だけでは、破壊されやすいビタミン類を補給するのは難しく、ミネラルや良質なタンパク質も補給できません。

十分な栄養補給ができないでいると、人体は体の骨や筋肉などを破壊して栄誉を補おうとします。

そうすると、日々の暮らしは維持できても、少しずつ体を傷つけていることになるので、急に風邪を引いたり、大きな怪我をしたりして、ようやく気がついて食事を気をつけるというような事態になってしまうでしょう。

勃起不全のような体の不調が起きている時点で気づいて、早めに食生活を変えることをおすすめします。

雑穀ごはん、塩分控えめのお味噌汁、鮭やサバなどの魚介類、ヨーグルトや納豆のような発酵食品などを優先して食べると体によく、主に和食を中心にすると血液も老廃物が残りづらくなります

手間はかかり、外出先で和食を食べるのは難しいのですが、お弁当を自作したり、鮭のおにぎりや梅干しと海苔のおにぎりなどを持参するだけでも変わります。

添加物や塩分の摂取量を自分でコントロールできることに意味があるため、塩分控えめに、健康的で、肝臓や腎臓に優しい食事をすると、ペニスの勃起持続力も、ペニスの勃起力も回復するでしょう。

つきつめると、全身のスタミナアップや疲労回復などの効果が出てきてくれる可能性もあるため、食事の改善は非常に大切です。

まとめ:勃起力には血液量が関わっている

ペニスの勃起力を高めるには、食生活の変更、改善と、体の各部のマッサージやコリほぐしなどで、本来正常な血液量を体内に巡らせる必要があります。

血液がしっかりと流れ、ドロドロせずに、きれいな状態で巡ることによって、その分ペニスに流れ込む血液も増え、勃起の持続力も高まります。

食事や運動も大切ですが、体の末端で蓄積してしまって滞っている血液を流すのも大切です。

陰部や股関節周りのマッサージ、体温の維持などもやっておくべき工夫になるため、勃起不全気味で、硬さが足りなくなったと感じている場合は試してみて下さい。

 

ペニス増大サプリ/精力強壮剤 人気ランキング2019

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!