血管新生を助ける|ペニス増大の可能性をまじめに考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
血管新生を助ける|ペニス増大の可能性をまじめに考える

人体には、血管新生という特別な機能が備わっており、体の中でよく使う部位に対して血管が新しく網の目のように張り巡らされるという、不思議な働きが起こります。

これは筋肉でも脂肪でも同じで、大人になってからでもしっかりと栄養分が足りていると起こりうることです。

当然、ペニスを使用する回数が多いと血管新生が起こり、海綿体組織が少しずつでも強化される可能性があります。

血管新生に期待するペニス増大方法

血管新生とは、新しく血管が増えていく現象で、よく使う体の部位がある時、その部分をよりしっかりと働かせるために、血液をより多く巡らせるために、血管が追加で伸びていきます。

この現象はいつでも、誰でも起こるわけではないのですが、常にペニスを使っているAV男優のような人では実感している人も多いです。

よく使用している時はその働きも良いのですが、あまり使わなくなると働きが衰えるという感覚のものです。

例えば、一度血管が伸びてしまうと血管が萎縮することはあっても、一気に消えてしまうことはないため、勃起の持続力などにつながります。

血管新生は身近に起きている

ほぼすべての人が経験しているのが、出血を伴う怪我からの治癒で、この時の治癒において、切れてしまった血管が新しくなるという血管新生が起きているために、血管も治って、傷口も治ります。

必要な条件、状況、環境が整った時に血管新生は起こるため、特に特別な現象というわけでもありません。

血管新生をペニスで起こすには、ペニスに流れ込む血液をできるだけ多くし、勃起する回数を増やす事が、まず最初にできる方法です。

簡単に言ってしまうと、オナニーやセックスなど勃起させる回数を増やすだけで、ある程度は血管新生が起こる可能性を高められます。

血液の流れに従って起こる血管新生

太い血管から細い血管に向かうように、まるで植物の根が伸びていくかのように、血管新生も起こります。

当然、新しい血管に分岐するためにはそれだけの栄養が必要なので、血管新生をさせるためには、食事から十分な栄養素が補給する必要があります。

しかも、この栄養補給は1年、2年とある程度長い期間継続して補給しないと意味がありません。人体の一部が成長するのには、果てしなく時間がかかります。

参考としては、お母さんのお腹の中で赤ちゃんが成長することが挙げられ、これと同じ程度の、10カ月以上はかかるものと考えていても良いでしょう。

ガンとの関連にだけ注意

血管新生には、内皮細胞増殖因子というものが関係するのですが、これは内皮細胞という、体の内側の内臓や臓器、血管などを指す内皮を構成する細胞を増やすものです。

この内皮細胞増殖因子は、がん細胞によってより多く分泌される事がわかっているため、内皮が大きく肥大して急に成長したようなものがあるとがんが疑われるわけです。

悪性のものは悪性腫瘍:ガンとなり、良性の場合は経過を見て適切な治療を施すことになります。

この内皮細胞増殖因子の働きは必ずしもがん細胞だけではなく、正常な健康な人でも分泌されているものであり、血管新生が起こることそのものに危険はありません

オナニーや勃起回数の目安は1日3回以上

ペニス増大や精力増強まで実現するには、それだけペニスを使っていないといけません。勃起の回数を増やして、オナニー、または、セックスを増やさないといけません。

しかも、これを数年単位で続けないといけないため、決して簡単な方法ではありません。

ペニス増大のためには、オナニー、セックスを習慣にしないと意味がないものであり、生活の一部としてまずは毎日1回はオナニーして射精する習慣を作らないといけません

3日に1回のオナニーでも気持ちの面では問題なくても、勃起力の衰えが気になるときには、そこまでして根本原因を解決しないと、勃起力アップや勃起持続力アップ、ましてや、勃起の硬さアップはできません。

1日1回から2回のオナニーでは、そこまでペニスが重要だと体に判断してもらえない可能性があります。

1日1回では、むしろ普通の状態でもあるため、日々栄養補給をして体力をつけつつ、精子の生産が追いつくように食生活を改善していかないといけません。

朝の勃起と、夜の勃起だけでは、ペニスに流れ込む血流量は十分には増えないため、もう一度どこかでオナニーする時間を作る、または、勃起させてマッサージをするタイミングを作らないといけません。

射精を伴わなくても良いので、お風呂のタイミング、朝起きる前のタイミングで勃起させた状態のペニスをミルキングなどで刺激して、血液の保持時間を少しでも伸ばことによって、多少は改善されるでしょう。

最も大切な事は毎日続けること

最も気をつけないのは、習慣作りをしないといけないという点です。仕事に忙しい社会人が、毎日なんとかオナニーするのは非常に難しいことです。

家族や思春期の子どもがいるような場合には家庭でオナニーするのは難いものがあり、妻と毎日セックスするのはさらに難しいでしょう。

オナニーも妻に隠れてすることになるため、もしバレてしまうと白い目で見られる可能性があり、夫として父親としての威厳を保ちながらのオナニー習慣作りはかなり難しいものです。

そのうえで、毎日継続するという三日坊主な人には最も難しい継続課題にもなってしまうため、実現できるかどうかは不安が残ります。

まずは1日1回のオナニー、2日に1回のオナニーなど少しずつ習慣化していくと良いでしょう。

妻に相談しておくと一番安心

結婚していて、子どももいて、勃起力の衰えがあって、毎日オナニーして勃起力を高めたい、また妻と思いっきりセックスしたい、などと正直に伝えることで、理解してくれない妻はいないはずです。

奥様も真剣に相談されると、セックスに積極的に応じてくれる可能性があります。

相談もされずにコソコソペニスの勃起力を高める努力を始めると、浮気なのかと疑われる可能性もあるため、正直に話すことによって、まず大きな問題にはならないでしょう。

むしろ、女性としては、結婚もしているパートナーの性の悩みを真っ直ぐに正直に相談してもらえるのは信頼されていると感じらることもあって、嬉しいことでもあるでしょう。

夫婦関係が冷めきっていない限り、妻の力も借りると良いでしょう。

毎日オナニーをする場合も、パートナーに伝えることで、空気を読んで男性が一人になる空間を作ってくれたり、妻がオナニーを手伝ってくれるかもしれません。

結婚している場合、パートナーの協力を得てしまったほうが、断然勃起力改善やペニス増大がしやすいものなので、こそこそするよりも解決が早いです。

独身で、一人暮らしの男性の場合は、恋人に相談するのはまだ早いので、自室で人目は気にせずにしっかりオナニーして鍛錬を積み重ねましょう。

実家暮らしで未婚で毎日オナニーをすることになる場合は、お風呂の時間など、完全に一人になれる空間をどうにか確保するようにして、ペニスの特訓ができるように工夫するしかありません。

亀頭刺激を増やして性欲を増やす

ペニスの弱い所を強くする

日頃ペニスで触らない箇所を刺激して、もっとペニスの働き、ペニスの可能性を高めることで勃起力はより高まるようになります。

亀頭部分だけを刺激してオナニーする人は少ないのですが、亀頭の刺激を増やすことで、その部分を敏感にするために神経の働きが敏感になったり、血管新生がわずかに起きたりしてくれるでしょう。

亀頭オナニーや普通のオナニー中に亀頭を刺激するオナニーなど、ちょっとした工夫でペニスの勃起力を強められるはずです。

尿道オナニーにも挑戦してみて

かなり特殊なオナニーですが、勃起させて尿道に専用の器具を差し込んで行うオナニーも、経験がない人にとってはかなりの刺激になります。

尿道にも海綿体があるため、ローションの種類によっては尿道内を温めて刺激し、尿道海綿体さえも盛んにさせ、勃起力を高められるでしょう。

尿道にはセラミックスやゴム製、シリコン製の長めの細い棒を差し込んでピストン運動させ、優しく手でオナニーもすると射精する時の快感が倍増します。

それまでに感じたことのない刺激をペニスに加えることによって、性欲や勃起力は高まります。

尿道オナニーもよいのですが、蟻渡り周辺への刺激を強くするのもありで、少し特殊なペニスが温まるクリーム、乳液などをローション代わりにしてオナニーするのもよいでしょう。

刺激が少しでも新鮮で、体験したことのないものであれば良いので、各自工夫してみてください。

新鮮さがあると血管新生も捗る

オナニーに新鮮さがあると、その快感を覚えてオナニーの回数も増やせるはずです。

新鮮で、何度でもやりたくなるようなオナニー、セックスを続けることで、血管新生も、ペニス周辺の代謝アップも期待できます。

血管新生を起こせるようにするためのアミノ酸補給も大切なのですが、それ以外にも毎日オナニーしてペニスの勃起回数、射精回数を増やせるようにしましょう。

筋トレして血管が浮き出やすくなるのと同じような感覚で、ペニスもよく使うことによってペニス周辺の血管が伸長する可能性があるため、確実に自身の体の底力を引き出しましょう。

まとめ

ペニス増大をする時に期待したいのは、血管新生という人体の仕組みです。

シトルリンやアルギニンを摂取するのも、ペニスに流れ込む血液を増やし続けるのが目的で、ペニスがよく使用される部位になっていると、勃起力はアップして、血管新生も働いて、血管の集合体である海綿体組織が少し大きくなってくれるかもしれません。

必ずできるかどうかは不明ですが、ペニスをよく使うようにすることで、きっとペニスが強くなってくれます。

食事からの栄養補給とオナニー回数の追加で、ペニス増大できる可能性を高めてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!