ペニス増大にアミノ酸が必須な科学的理由と根拠|血液と血管を作るのにタンパク質が必要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ペニス増大にアミノ酸が必須な科学的理由と根拠|血液と血管を作るのにタンパク質が必要

人の体を正常に機能させ、血液の流れを正常な状態に維持するには、アミノ酸、水分、ミネラルやビタミンなどバランスの取れた栄養が必須です。

もちろん炭水化物も摂取しないとATPが足りずにエネルギー不足に陥り、脂質がないと筋肉がスタミナを維持して動き続けられなくなり、皮膚もがさがさになってしまいます。

まずはアミノ酸を十分に補給して、体の機能がしっかり動くようにしてください。

ペニス増大と精力増強の基本原理

ペニス増大のために必要になるのは、ペニスの中の海綿体組織と、勃起力の基礎になる前立腺周辺の働き、睾丸の精子生産の活性化です。

海綿体は、ペニスが勃起する時に血液が流れ込むところで、その血液が保持されて勃起状態になります。

この海綿体組織に流れ込んだ血液が、ペニスの中でしっかり保持されていないといけないものです。

セックスの時に中折してしまったり、途中で萎えてしまったりすることを防ぐには、血管が十分に拡張されるように、アルギニンやシトルリンが必要になります。

このアルギニンとシトルリンは、精力増強の話でよく聞くアミノ酸で、血液中で一酸化窒素の分泌にも影響し、血管拡張に働きかけてくれます。

勃起を引き起こすホルモンの分泌には、アミノ酸やビタミン、ミネラルが必要で、新しく体内で生産されるホルモンのためにアミノ酸を補給しないといけません。

また、睾丸の働きを活性化させ、精子の生産をさせるためにも、精子のもととなるアミノ酸や亜鉛などの栄養分が必要です。

そのため、アミノ酸、ビタミン、ミネラルは十分に補給しないとペニス増大も精力増強も実現されづらいです。

人の体において、栄養が不足していると何よりも先に生命維持が必要な部位に栄養やエネルギーが消費されてしまうため、多めに栄養を補給していないと精力増強にまで栄養が回らなくなってしまいます。

一酸化窒素により血流が改善される

シトルリンを摂取すると良いとされるのは、血管拡張が起こるからだと分かっていますが、他にもクエン酸回路などの生命維持に欠かせない作用をサポートするためにアミノ酸が必要になるという理由もあります。

シトルリンだけでなく、BCAA、アルギニン、アスパラギン酸などのアミノ酸も必要で、とにかくバランスよく栄養摂取するのがベストな方法です。

市販のプロテインも、栄養不足の状態でいるよりはましで、飲まないよりは飲んだほうが良いものです。

しかし、品質が悪く、十分なアミノ酸が含まれていないものを買って飲んでもお金がかかるだけでプラスにはならないので、本当に役に立つものを選ばないといけません。

ペニスの血管新生にもアミノ酸は必要

ペニスの中にある海綿体で、血管新生が起きるとした場合、そこに十分な栄養素がないと新しい血管が伸びていってくれません。

これでは、ペニスが大きくなることはできず、ペニスに流れ込む血液の量も総量が増える事はありません。

血液がただ流れ込んでも意味はないので、血液の総量を増やせるように栄養を十分に含んでいる血液をペニスに送り込めないといけません。

そのためには、アミノ酸も、ビタミンもミネラルも必要で、最低限アミノ酸を補給しておかないと血管新生が起こる可能性が著しく下がります。

細胞や血管が新しく生み出されるのに必要な栄養素が体内に不足していては、血管新生も細胞新生も実現できません。

精子生産とセックスにもアミノ酸が必須

セックスやオナニーをするには、必ず体の筋肉を動かすことになるため、タンパク質、アミノ酸をしっかり補給しておかないといけません。

筋肉疲労が残る可能性があるとしたら、クエン酸やリンゴ酸も補給しておくと理想的です。

スポーツ少年がアミノ酸飲料として、アミノバイタルやウイダーインゼリーを摂取するのは、アミノ酸が十分補給できているとスポーツのパフォーマンスが向上するからです。

また、セックスやオナニーのような運動を伴う行為をするときにも、同じくアミノ酸が必要になります。

さらに、オナニーをしても射精が十分できないとしたら、快感が少なくなり、オナニーを継続していくやる気に繋がりにくいです。

セックスでもある程度は射精できないと女性が満足できない可能性があるので、射精はできるだけ適量を伴うように、アミノ酸を補給する必要があります。

精子をたくさん生み出すには、亜鉛などのミネラル分も必須です。アミノ酸と亜鉛などを同時に補給されるように、牡蠣やしじみ、あさりを積極的に補給しておくと良いでしょう。

それでも毎日継続していかないと十分な効果が得られないので、日頃から鶏卵を食べたり、ささみ肉を食べたり、レバーや牡蠣を食べたりする努力が必要となります。

腸内環境の正常化が想像以上にペニス増大に大切

本気でペニス増大を実現したい場合は、ペニス以外の場所の機能を正常にしないといけません。

特に血流停滞が起きているときには、そもそもペニス単体が悪いのではなく、ペニス以外の部位の働きが低下したためと考えるのが一般的です。

ペニス増大目的で食生活を変える時には、それと同時に調整されるのが腸内環境です。食べたものの栄養素は十二指腸や小腸から主に栄養が吸収され、血液にも、リンパ管にも栄養が吸収されます。

この小腸の働きが停滞していたり、宿便などの影響でうまく消化吸収されていないと、摂取した食事、食材の栄養素が体の中で機能する前に劣化して、吸収率が下がってしまいます。

小腸をきれいにして吸収効率アップ

亜鉛、アミノ酸を大量に補給したとしても、吸収されないと意味はありません。

例えば、5000mgのアミノ酸を摂取しても、吸収率が20%にしかならないほど腸内環境が乱れていると、結局1000mgしか体内に入ってきてくれません。

もし、同じ条件でアミノ酸を1000mg補給しても仮定した吸収率20%に従うと200mgしか吸収されないわけです。これでは、いくら頑張って食生活を変えても意味がありません。

もちろん食生活を変えてからしばらく継続していると腸内環境は変化してきて吸収率も上がっていくるのですが、できるだけ早めに腸内環境を整えるようにすると、食事の改善の効果もより早く出てきてくれます

BCAAの補給を忘れずに

ペニス増大を考えるあまり、シトルリンやアルギニンばかり補給してしまう人もいますが、基本として必要なアミノ酸として、BCAAは十分量補給しないといけません。

BCAAを摂取せずにシトルリンばかり摂取していても、効果はゼロではないですが、本来の作用は得られないでしょう。

生命維持、ペニスが勃起してからのスタミナ維持や、勃起以外のホルモン分泌や白膜の作用などの部分で必要な栄養補給としてBCAAは欠かせません。

シトルリンとアルギニンは、必須アミノ酸を十分補給した上で追加で補給すべきものなので、優先順位を間違えないようにしましょう。

まずは、以下の一覧にあるように、必須アミノ酸から十分量補給するようにしましょう。

必須アミノ酸9種

※体内で合成できない生きるのに欠かせないアミノ酸。

  • バリン
  • ロイシン
  • イソロイシン
  • メチオニン
  • リジン
  • フェニルアラニン
  • トリプトファン
  • スレオニン
  • ヒスチジン

忘れてはいけない非必須アミノ酸

非必須アミノ酸の一覧

人間の体の中でも少量は合成できるのですが、どんどん消費されてしまうため、精力増強を考えるときには意識して補給して欲しいものが非必須アミノ酸です。

  • アルギニン
  • グリシン
  • アラニン
  • セリン
  • チロシン
  • システイン
  • アスパラギン
  • グルタミン
  • プロリン
  • アスパラギン酸
  • グルタミン酸

これらの非必須アミノ酸を効率的に補給するには、クロマグロのお刺身、豚肉ロース、豆乳や大豆食品がおすすめです。コスパが良いのは納豆や豆腐ですが、摂取効率が良くて価格がお手頃なのは豚肉です。

クロマグロのお刺身も非常におすすめなのですが、豚肉で補給する場合の3倍から4倍の価格になってしまうため、予算の関係で長続きさせづらいものがあります。

効率的な補給方法はプロテイン摂取

最も効率が良いのはプロテインからアミノ酸を全て補給する方法です。必須アミノ酸も、非必須アミノ酸もまとめてプロテインで補給できる方が無駄がなく、時間もお金も節約できます。もちろん食材から補給するのが一番効果的ですが、どうしても追いつかない場合もあるため、完全食COMPなどを併用してバランスよく栄養を補いましょう。

頭から尻尾まで食べられるししゃもやいわしもおすすめ

ミネラルやビタミンも合わせて補給したいときは、頭から尻尾まで全部食べられる、ししゃもやいわしを食べるのがベストです。

クロマグロよりは安く、豚肉と同じくらいの価格で、アミノ酸もDHAやEPAや、ミネラル、ビタミンも補給できます。いわしは、骨ごと食べれるサイズの煮干しをミキサーで粉々にして、お味噌汁やごはんにかけるふりかけとして食べても良いです。

乾物の粉末カプセルを自分で作るのもおすすめ

乾燥シイタケ&煮干し&乾燥すっぽんのMIX

市販されている、苦い薬を飲むためのカプセルを使用すると、自分だけのサプリメントのようなものを作成できます。

乾燥シイタケ、乾燥すっぽん、煮干しなどをミキサーで粉々にしてカプセルに封印しておき、毎日食前や食後に飲むと良いだけです。

1週間分くらい冷蔵保存が可能で、悪くなる前に消費できるため、追加の栄養補給におすすめです。

乾燥大豆や乾燥きのこ類も一緒にできる

乾燥させてあったら何でも良いので、スーパーなどで売っている乾燥大豆や乾燥しているわかめ、きのこ、キクラゲなどを合わせてしまっても良いでしょう。

カプセルに入れなくても、ふりかけや味噌汁の風味付けに使えるため、手作りの調味料兼漢方のようなものと思って使ってみてください。

高いサプリを買わなくても栄養は補える

ドラッグストアのカプセルを使うことで、自分オリジナルの栄養補給用カプセルを作ることは可能です。

アレルギーが有るような場合は、カプセルの素材、カプセルに入れる食材も自分で調整することも可能です。

一気に食材をまとめて補給する場合には、お味噌汁にミキサーで粉々にする前の乾燥シイタケやわかめをいれて、まるごと食べたらOKです。

お出かけ先や少し長い出張がある時、あまりたくさん食べられそうにないとき、食欲が無いときにもこの方法が使えるため、ぜひ試してみてください。

まとめ:アミノ酸はバランスよく補給すること

アミノ酸は生命維持にも、スタミナ維持にも、精子生産やペニス増大にも必要です。

性欲を高めるのにもアミノ酸が必要で、正常なホルモン分泌や精子生産にもアミノ酸が欠かせません。

シトルリンやアルギニンだけ補給したらよいというわけではないので、せめて必須アミノ酸9種類を全て十分に補給できるように意識して、食生活を改善しましょう。

 

ペニス増大サプリ/精力強壮剤 人気ランキング2019

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!